サポート > 管理者ガイド(R7) > モデルのキャッシュを消去する
ja | en

Wagbyはデータベースから読み込んだ値をメモリにキャッシュすることでパフォーマンスを向上させています。定期的に、このキャッシュ情報を消去する方法を説明します。

この設定を行う前に、ジョブ実行アカウントを準備してください。

任意のジョブを実行するようにします。ジョブそのものの影響の少ないものがよいので、ここでは「ディスク容量の監視」ジョブを例にとります。

図1 ジョブの設定

ジョブパラメータのキーに cache を追加します。 値には、キャッシュをクリアしたいモデルをスペース区切りで指定します。

例えば customer_view モデルと product_view モデルのキャッシュを削除する場合は次のようになります。

customer_view product_view

このジョブ実行のタイミングで指定されたモデルのキャッシュがクリアされます。

ジョブ実行アカウント jobadmin は、一般ユーザなどの権限がなくともキャッシュクリア処理が可能です。

このジョブを設定する目的は、データベースに定義したビューを Wagby のモデルとして利用する場合です。

ビューは(Wagby とは別の仕組みで)更新されることがある、とします。しかしその頻度が少ない場合は、定期的に当該モデル(実体はビュー)のキャッシュをクリアすることで(リアルタイムではありませんが)最新の情報を使うことができます。