R9.1.2

最終更新日: 2022年8月18日

機能

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1302501 全文検索が設定されたファイル項目にサイズの大きなファイルを登録すると、全文検索インデックスの作成のため、保存に時間がかかっていた。内部処理を見直し、高速化した。 [FW] TikaTextExtractor
CharCounter
なし
ENH1299801 ジョブスケジュール「曜日」の入力ダイアログ改善。曜日を直接指定できるUIとした。 [FW] CronConfigDialog.js なし
ENH1305301 統計情報の出力結果をキャッシュし、高速化する。 [FW] LogAnalyzerImpl なし
ENH1304401 「画面>スクリプト>コントローラ>画面」で「登録」「更新」を選択した場合の「実行タイミング」の選択肢に「画面再描画」を追加しました。Insert<モデルID>_AsIs.js,Update<モデルID>_AsIs.jsというスクリプトが呼び出されます。 [G] Insert<モデルID>_AsIs.js
Update<モデルID>_AsIs.js
なし
ENH1317101 引数を数値に変換するTOINTW関数を用意しました。これまでTOINT関数がありましたが、引数がnullの場合0を返していました。新しく用意したTOINTW関数は引数がnullのとき、nullを返します。 - なし
ENH1314701 スクリプトでWebフォームから送られてきた内容や、リクエストオブジェクトが保持する値をデバッグする方法を用意しました。 - なし
* REG1293001 親子モデルの詳細画面で、子モデルに一覧画面がない場合に、子モデルにページング機能を設定したときに正しく動作しない。R9.1.0で対応したENH10016「親モデルに紐づく子モデル一覧表示、および親子モデル同時更新の子モデル一覧更新にページング機能を提供する」の影響。 [FW] MapBasedCriteriaConverter なし
REG1316201 親子モデルの詳細画面で、"親キー以外の値を用いて子モデル一覧表示を行う" 機能が動作しない。R9.1.0で対応したENH10016「親モデルに紐づく子モデル一覧表示、および親子モデル同時更新の子モデル一覧更新にページング機能を提供する」の影響。 [FW] ForeignKeyCriteriaConverter なし
* REG1292101 モバイルモデルで新規登録メニューから新規登録画面が表示されない。R9.1.1で対応したENH12838「モバイル画面のメニューに外部リンクを配置できるようにする」の影響。 [G] menu.xml なし
* REG1280801 繰り返しコンテナ内の項目内のリストボックスの初期表示が "未選択" ではなくなる場合がある。R8.5.10で対応したFIX12808「繰り返しコンテナ内の項目に"未選択"をつくらないリストボックスを用意した時、表示上は先頭に配置されている選択肢が、内部では選択状態となっていないため参照連動などが効かない」の影響。 [G] ヘルパクラス createContainerObject メソッド リストボックスを含んだ繰り返しコンテナ項目の動作
REG1298001 参照先のトレースを設定したモデルの詳細表示画面でエラーになる場合がある。R9.1.0で対応したENH10016「親モデルに紐づく子モデル一覧表示、および親子モデル同時更新の子モデル一覧更新にページング機能を提供する」の影響。 [FW] MapBasedCriteriaConverter
[G] Show<モデルID>Controller
なし
REG1299401 チェックボックス(サブウィンドウ)利用時、アップロード更新でエラーが発生する。R9.0.2で対応したSPC12050「チェックボックス(サブウィンドウ)利用時、画面を開いたとき(何も選択していないとき)はSQLの発行を抑制するようにする。」の影響。 [G] ヘルパクラス
get<項目ID>_update メソッド
なし
REG1313501 更新権限が無効から有効となった時、"値を維持する" 設定が効かない。R9.1.1で対応したFIX12810「項目に条件付き権限設定を含めたモデルの登録更新画面での画面再描画処理で、再描画される直前の値が権限判定に使われている」の影響。 [G] ヘルパクラス s2p メソッド 項目に権限設定を指定したモデル
REG1314801 参照連動項目で、自モデルの指定したフォーマットではなく、参照先モデルのフォーマットが用いられている。R9.0.4で修正したFIX1245309「参照連動項目の場合、参照先項目の日付フォーマットを適用するようにする」が過剰な対応だった。 [G] ヘルパクラス
s2p メソッド
なし
REG1316901 繰り返しコンテナ項目に条件付きスタイルを設定すると実行時エラーとなる。R9.0.2で対応したFIX12164「検索一覧の行毎の更新・詳細ボタンの表示条件が動作しない」の影響。 [FW] JFCReflactionBasedControlUtilBase なし
REG1317101 三項演算子を使って数値型項目に null をセットすることができない。R9.0.0で対応したENH11952「計算式の型の違いを吸収する仕組みを導入する」の影響。これまでは数値型項目の式はTOINTなどの関数で囲っていたが、TOINTはnull値を0として扱う仕様であった。三項演算子の式を有効にするため数値型項目はTOINTW関数で囲うようにする。 [G] ヘルパクラス calc メソッド なし
REG1315001 アカウント(juser)のCSVダウンロードで、パスワードまたはハッシュ化されたパスワードが取得できてしまう。取得できないのが正しい動作であった。R8.5.0でヘルパクラスs2pメソッドのシグネチャの一部変更があり、その影響で用意されていたパスワードを空にする処理が動作しなくなっていた。 [FW] MyJuserPHelper なし
FIX1291306 複合キーを参照しているモデル参照項目を隠し項目としたとき、複合キーのパラメータが正しくサーバに渡されていない。HTMLレイアウト版はR9.1.1で対応済み。R9.1.2でCSSレイアウト版の対応を行う。 [G] html なし
* FIX1292001 一覧更新画面でリッチテキストエリアの値を変更せずに保存すると値が消失する。 [G] jsp,html なし
* FIX1292301 GoogleMapの表示領域がブラウザウィンドウの幅を超えるとマウスのスクロールホイールでズームレベルが変更できなくなる。 [G] JavaScript なし
* FIX1292501 ユーザ定義処理でイベント名に "@method=update" を指定したとき、保存に成功した場合にロックが解除されない場合があった。 [FW] DbUpdateBaseController なし
* FIX1292601 繰り返しコンテナ項目にJavaScript独自ボタンを設定するとビルドエラーになるパターン。 - なし
* FIX1292801 管理処理メニューからデータをインポート処理中に(長時間かかって)セッションタイムアウトが生じた場合、実行時エラー画面に遷移する可能性があった。(処理自体は正常に行われている。) [FW] InitLoaderBaseController なし
* FIX1294001 帳票設定を行ったモデルに世代管理を適用するとビルドエラーになる。 - なし
* FIX1294201 親子同時更新画面で、子モデルの値の合計を親モデルで保持するような設定を行った場合、子モデルの削除を行うと親モデルの計算結果が不正となる。 [G] Controller なし
* FIX1295701 親子モデル関係の子モデルにページング機能と全文検索を設定したとき、親モデルの詳細画面でエラーが発生する。 [FW] JFCGenericDao
JFCHibernateDao
[G] ProcessBean
なし
* FIX1293501 スマートフォンUIで「説明>登録画面>項目ラベル>スタイル」の指定が効かない。 [G] jsp なし
* FIX1293601 リッチテキストエリア項目に「入力欄に表示する文字列」を設定しても表示されない。 [G] html なし
* FIX1294101 テキストエリアでIME入力中に最大入力文字数を超えるとテキストエリアに入力済みの文字がIME入力文字数分削除される。 [FW] SimpleTextarea.js
[G] jsp,html
なし
* FIX1295201 ラジオボタン項目の「オプション > 選択されなかった項目名を表示する」設定を有効にしたとき、一覧更新画面用に生成されるコードの一部が不正となる可能性があった。 [G] <モデルID>UlpHelper
get<項目ID>_showメソッド
なし
* FIX1295301 繰り返しコンテナを含むモデルの確認画面で、コンテナ下部の項目が読み込み専用にならない。 [G] confirmXX.jsp なし
* FIX1295501 チェックボックスの初期値設定と一覧更新を組み合わせるとビルドエラーになる。 [G] <モデルID>UlpHelper
addParameterMapメソッド
なし
FIX1294401 独自ボタンを配置したモデルに世代管理を適用するとビルドエラーになる。 - なし
FIX1295901 一覧更新を有効にし、チェックボックス項目に汎用式入力チェックを行うとビルドエラーになる。 [G] <モデルID>PInputCheckHelper なし
FIX1296201 Wagbyの予約語をモデル項目名としたとき、ヘルパクラスのメソッド get<項目クラス>_notexists メソッドの呼び出しに失敗する。 [G] <モデルID>PHelper なし
FIX1296501 「入力制御>読み込み専用>一覧更新画面」を設定すると入力欄と同じ id を持つ隠し項目が出力され JavaScript エラーが発生する。 [G] updateList<モデルID>.js 読み込み専用項目を含んだ一覧更新画面
FIX1296701 ジョブスケジュールの日付設定にミスがあったとき wagbyapp 自体が起動しなくなる。 [FW] JFCQuartzJobManagerBase なし
FIX1297901 ワークフローのフロー参加者をすべてスクリプトで設定した時、フローの説明文が画面に表示されない。 [FW] JfcworkflowSettingServiceImpl なし
FIX1299201 世代管理を有効にしたモデルが、別モデルからモデル参照(検索)で参照されており、かつその別モデルがアップロード更新を有効にしたとき、ビルドしたアプリケーションのメニューが崩れる。 [G] menu.xml なし
FIX1302901 世代管理を有効にしたモデルで、OracleやPostgreSQLなど順序を作成するデータベースでは、用意される順序名に余分な「1」が付与されている。この「1」を除くようにする。 [G] initdb.xml なし
FIX1298901 親子同時更新で、子モデルの集計欄の最小値・最大値を設定した場合に(対象となる子モデルではなく)全データの最大値、最小値が表示されてしまう。 [G] ProcessBean なし
FIX1300701 テキストエリア項目に入力制御のスタイルとIME制御を同時に設定するとスタイルの設定が出力されなくなる。 [G] html なし
FIX1301001 詳細画面からメール送信後、ブラウザのリロード・ボタンでリロードすると、再びメールが送信されてしまう。 [G] コントローラクラス なし
FIX1291801 検索画面の日付項目に日付入力エラーが発生するとJavaScriptのエラーメッセージが二重に表示される。 [G] html なし
FIX1301601 登録画面でAjaxが実行されるとファイル型項目で選択していたファイルが消失する。 [FW] CreateObjectHelper
[G] Insert<モデルID>Controller
do_getxmlメソッド
なし
FIX1302301 複数の振り仮名自動入力項目で、入力元項目が画面の1番目の入力項目の場合に2番目以降の振り仮名項目に自動入力されない。 [FW] common.js
[G] JavaScript
なし
FIX1303001 全文検索の一覧表示にファイルのダウンロードのリンクが用意されるが、このファイル項目のダウンロードに失敗する。 [FW] TextsearchPageUtil なし
FIX1304001 日付リストボックスが画面の先頭に配置され読み込み専用となっている場合に画面表示時にJavaScriptエラーが発生する。 [FW] DateTimeSelect.js なし
FIX1304101 参照連動項目が制御元の場合に入力可・不可制御と入力チェックを組み合わせると入力可能な場合にも入力不可扱いとなる。 [G] <モデルID>PInputCheckHelper なし
FIX1304201 参照連動項目が制御元の場合に入力可・不可制御が動作しない。参照連動項目の値を保持する要素を HTML 標準の input から Dojotoolkit の textBox に変更し、隠し項目でも onChangeイベントを発行させるようにする。 [G] html なし
FIX1304301 親の詳細画面に配置される外部キー子モデルの新規登録ボタンで、親の主キーがモデル参照型の場合に実行時エラーとなる。出力される jsp/html で余分な ".content" がついていたため。 [G] jsp,html なし
FIX1304901 チェックボックス型の項目をリストボックスとしてモデル参照するとビルドエラーになる。 [G] ヘルパクラスs2pメソッド なし
FIX1304801 システムログ閲覧について、1日内に複数のログファイルがあるときに時刻順に並んでない。 [FW] systemlog なし
FIX1304802 統計情報出力とログ送信ジョブ(AlertMailFromLog)で、system.log以外のログファイルが対象外となっていた。 [FW] SystemlogManager なし
FIX1305001 ジョブからメール送信を行った際に警告ログが出力される。ジョブのメール送信ではcontentTypeを設定していなかったため、この対応を行う。 [FW] JFCBaseJobBean なし
FIX1305401 統計情報の利用者の行動履歴表示で、検索処理のログ出力が不明な操作と扱われていた。 [FW] UserAction なし
FIX1305901 ログ監視ジョブ(AlterMailFromLog)から送信されるメールのLog dateの時刻部分が00:00:00となっている。 [FW] AlertMailFromLogTask なし
FIX1306001 複合キーの中で、さらにモデル参照している項目をもったモデルに対して世代管理を適用するとビルドエラーになる。 [G] Show<モデルID>Controller なし
FIX1307601 自動計算や初期値設定の式中に "null" を明示的に代入する式があった場合、基本型は例えば int ではなく Integer とすべきであるが、式中に改行があると判定に失敗する場合があった。 [G] ヘルパクラスcalcメソッド なし
FIX1307801 OIDC連携時のログオフ後の画面のメッセージ表示時に、ブラウザの言語設定を利用していなかった。 [FW] remoteUserLogoff.jsp なし
FIX1308101 ブラウザの言語設定が"中国語 (繁体字)" の場合にログオン画面が正しく表示されない。 [FW] common.js なし
FIX1305307 セッション管理に Redis を利用した時、管理処理メニュー統計情報出力で検索条件の開始件数、終了件数の指定ができない。 [FW] ShowListLogController なし
FIX1308401 日付時刻型、他モデル参照(検索画面)の項目で値変更時に画面再描画が行なわれていなかった。 [G] jsp,html なし
FIX1308507 システムログ閲覧機能で、取得したログをメモリにキャッシュしていたが、実際には使われることがなかったため、この処理を除く。 [FW] ShowListLogController なし
FIX1309701 他モデル参照(チェックボックス)で選択方法を検索画面にした場合、入力可・不可制御で画面に用意された「検索ボタン」が入力制御の対象となっていなかった。そのため入力不可でも検索ボタンは押下可能となっていた。 [G] JavaScript なし
FIX1036404 一覧画面しか用意していないモデルで計算スクリプトがフルビルド時に作成されない。 [G] スクリプトファイル なし
FIX1309801 集計ビュー用の項目名を設定したとき、グラフにはその項目名が反映されない。 [G] リソースファイル なし
FIX1310801 スマートフォンモデルのカレンダビューで新規登録画面への遷移が行なえない。 [FW] common.js なし
FIX1313401 スマートフォンモデルのカレンダビューで登録データの詳細ダイアログが画面上部にはみ出して表示される。 [FW] common.js なし
FIX1311701 一覧更新画面に参照連動項目を用意したとき、参照先が数値であっても入力欄がテキスト扱いとなっていたため出力フォーマットを指定するとAjax動作後に値が消える場合がある。 [G] 一覧更新html なし
FIX1313801 チェックボックスのラベルが長い場合に項目ラベルの幅が狭く表示される場合があった。チェックボックスラベルの CSS 設定から折り返しの設定を削除し、長いラベルの場合に折り返されるようにする。 [FW] common.css なし
FIX1313901 検索画面でダウンロード形式を変更したとき、検索結果ダウンロードボタンが押下不可になる。 [FW] disableDownloadButton.vm なし
FIX1314001 値変更時に画面を再描画する項目がAjaxの動作元項目となっている場合、連続して値を変更するとエラー画面が表示される場合がある。 [FW] common.js なし
FIX1314301 集計ビューの合計、平均を求める計算処理で一部、スレッドセーフでない箇所があった。 [FW] XMLUtil なし
FIX1314101 検索画面で検索項目に画面再描画設定を行い、かつ検索条件の値でボタン表示制御を行なったとき、フォームに入力された検索条件値がチェックされず式が処理されていなかった。 [G] ShowList<モデルID>Controller
do_refreshメソッド
なし
FIX1314201 システム起動後、一度もログオンしていない状態でエクスポートジョブが実行されると実行時エラー(NullPointerException)が発生する。 [FW] InitLoaderService.vm
successImport_jfcportlet.vm
InitLoaderUtils
[G] InitLoader
なし
FIX1315101 ヘッダ行固定の一覧更新画面でメニュー表示位置を左にするとブラウザウィンドウに横スクロールバーが表示される。 [FW] common.css
common.js
なし
FIX1316001 データ削除後に画面再描画を行うと、エラー画面が表示されてしまう。削除後に一覧画面へ遷移する処理をフォワードからリダイレクトへ変更する。 [G] コントローラクラス なし
FIX1316101 タブレット端末のPC画面表示で手書き入力が行なえない。 [FW] Handwriting.js なし
FIX1316801 クラシックカレンダビューの登録データをカレンダポートレット(モダンカレンダビュー形式)に出力時、内部エラーが生じていた。 [FW] CalendarPortlet.js なし
FIX1317001 繰り返しコンテナの高さを数値のみで設定すると詳細表示画面では高さが設定されない。 [G] html, jsp なし
FIX1317901 リクエストパラメータの文字数が2084文字以上の場合に検索条件のパラメータが送信されなくなる。これまでは IE の制約でこの制限をつけていたが、IE がサポート対象外となったため、この制約を解除する。 [G] html, jsp なし
FIX1315201 HTMLテーブルレイアウト利用時、繰り返しコンテナに条件付き閲覧権限を設定したとき、コンテナが0件の場合にコンテナラベルが表示されない。 [G] jsp なし
FIX1298701 HTMLテーブルレイアウト利用時、サブウィンドウ検索画面のmycommon.cssのクエリ文字列がリリース日時となっている。ビルド日時となるように修正する。 [G] jsp なし
FIX1313201 HTMLテーブルレイアウト利用時、繰り返しコンテナ内の項目に用意した「追加ボタン」の画面表示時にボタン名がリソースキーになっている。 [G] jsp なし
FIX1316501 HTMLテーブルレイアウト利用時、コピー登録画面かつウィザードでコンテナをレイアウト専用項目で配置したときにコンテナが二重に表示される。 [G] jsp なし
FIX1316502 HTMLテーブルレイアウトで出力されるJSPのインデントずれの修正。(動作に影響なし) [G] jsp なし
* FIX1293301 CSSレイアウト利用時、ヘルプボタンのポップアップメッセージに改行を含んだ文字列を指定すると、改行がbrタグとして表示される。 [G] html なし
* FIX1291201 CSSレイアウト利用時、繰り返し項目の「ラベルと値の表示方法」を「縦↓」に設定すると値部の表示がおかしくなる。 [G] html なし
* FIX1293401 CSSレイアウト利用時、「説明>詳細」の「マウスオーバー時のメッセージ」が表示されない。 [G] html なし
FIX1297401 CSSレイアウト利用時、参照先トレースリンクの検索結果の件数表示が0となる場合がある。 [FW] FinderContext なし
FIX1297601 CSSレイアウト利用時、他モデル参照(検索画面)項目の参照先が複合主キーの場合に一覧更新画面表示時にエラーが発生する。 [G] html なし
FIX1298401 CSSレイアウト利用時、項目の更新権限設定で「郵便番号」と「モデル参照(検索)」が表示されない。 [G] html なし
FIX1298801 CSSレイアウト利用時、「出力制御」タブの「スタイル>ラベルの表示内容」にHTMLタグを設定しても、タグとして認識されない。 [G] html なし
FIX1295801 CSSレイアウト利用時、正規表現式を設定した項目を含む画面の表示時にエラーが発生するパターンがあった。 [G] html なし
FIX1300801 CSSレイアウト利用時、親モデル詳細画面で紐づいた子モデルデータ詳細に遷移しない。 [G] html なし
FIX1301401 CSSレイアウト利用時、縦並びの中に横並びレイアウトで横幅の指定が正しく反映されないパターンがあった。 [G] html なし
FIX1299001 CSSレイアウト利用時、繰り返しコンテナ項目のソートができない。 [G] html なし
FIX1197604 CSSレイアウトを適用したモデルで繰り返しコンテナにヘルプボタンが表示される項目があるとエラーが発生する修正をR9.0.1で行っていたが、繰り返しコンテナ横並びの場合に対応不足があった。 [G] html なし
FIX1294801 CSSレイアウト利用時、複数の繰り返しコンテナと「レイアウト専用項目」の組み合わせで画面が崩れる。 [G] html なし
FIX1302601 CSSレイアウト利用時、モデル参照(チェックボックス)の参照先の項目の内容が空文字の場合、一覧表示画面が表示されない。 [G] html なし
FIX1303101 CSSレイアウト利用時、外部キー子モデル一覧を親モデルのタブに表示する設定が効かない。タブ名に内部変数名がそのまま出力されてしまう。 [G] html なし
FIX1303301 CSSレイアウト利用時、一覧表示の値部のスタイルで条件付きスタイルが設定されない。 [G] html なし
FIX1303301 CSSレイアウト利用時、複合主キーモデルで一括処理を設定すると一覧表示画面でエラーが発生する。 [G] html なし
FIX1303901 CSSレイアウト利用時、「隠しレイアウトの混在」を行うとレイアウトが崩れる。 [G] html なし
FIX1304501 CSSレイアウト利用時、主キー項目が複合主キーモデルを参照する項目の場合に隠し項目として保持する参照先の主キー値が不正な値になる。 [G] html なし
FIX1306501 CSSレイアウト利用時、ラベル部と値部のスタイル指定が効かない場合がある。 [G] html なし
FIX1308201 CSSレイアウト利用時、複合主キーのモデルで一覧更新画面を開くとエラーが発生する。 [G] html なし
FIX1314501 CSSレイアウト利用時、日付型範囲検索時のラベルの表示位置の設定が効かない。 [G] html なし
FIX1313206 CSSレイアウト利用時、繰り返しコンテナの項目およびに検索画面の範囲検索項目で「入力制御>スタイル>入力欄の前に表示する文字列、入力欄の後に表示する文字列」を設定した場合に入力欄と横並びにならない。 [G] html なし
FIX1313206 CSSレイアウト利用時、日付項目で「入力欄の前後に表示する文字列」が出力されていない。 [G] html なし
SEC1191301 REST API の CSRF 対策を行う。具体的には JSESSIONID を保持している cookie に SameSite 属性を設定する。 [G] server.xml なし
SEC1306201 管理処理のログ統計処理のREST APIを一般ユーザが呼び出すことができていた。権限チェックを追加する。 [FW] AnalyticsLogAPIController なし
SEC131851 「このアプリケーションについて」画面にアクセスしたときにHTMLソースを確認するとThymeleafのコードを確認できてしまう。 [FW] showAboutAppBody.html なし
SPC1279506 「検索結果が1件のとき詳細表示画面に遷移する条件」を「常に」に設定したとき、データが1件のみであれば画面自体は詳細表示画面に遷移するが、モバイル版では常に「一覧」リンクが表示される。条件に合致した場合は「メニュー」リンクに変えるようにした。 [G] show<モデルID>_pagetitle.jsp なし
SPC1294703 USERINFO関数のリファクタリング。juserの値を取得してメモリ内に保持するタイミングの変更。 [FW] JFCUtils なし
SPC1297701 データベースに Oracle 利用時、これまではJDBCセッション確立時に 'ALTER SESSION SET NLS_DATE_FORMAT' SQL を発行するためにジャスミンソフトが独自の Wrapper クラス(jp.jasminesoft.conint.oracle.OracleDriver)を用意していたが、Oracle 19c の JDBC ドライバに対応できないため、これを廃止する。代わって DBCP2 の connectionInitSqls を利用するようにする。 [FW] database.properties
[G] server.xml
なし
SPC1301301 REST APIで更新開始(BeginUpdate)が成功せず、ロックが取得されていない状態で更新実行(DoUpdate)を実行したときにIllegalStateExceptionを発生させていた。この場合は "JFC-00082 ロックオブジェクトが見つかりません。REST APIにて更新開始を行わず、更新実行を呼び出しました。" というエラーログを残すように変更する。 [FW] DbUpdateBaseController
LogCode
なし
SPC1301501 ビルドしたアプリケーション(wagbyapp)を再起動するとログファイルsystem.logファイルがsystem.log.2022-05-25_1といったファイルにローリング処理されるが、5回再起動すると古いログが削除されていた。設定ファイルlog4j2.xmlのパラメータDefaultRolloverStrategyのmax値を3から999に変更し、日中の再起動でログファイルが削除されないようにする。 [FW] log4j2.xml なし
SPC1298101 CSSレイアウト利用時、サブウィンドウ検索画面の範囲検索項目について、項目の「検索制御>スタイル>範囲検索条件入力欄のレイアウト」の設定にかかわらず「左寄せ」固定とする。またウィンドウ幅を600pxから610pxへ変更する。 [G] サブウィンドウ用html なし
SPC1310201 世代管理項目はCSVダウンロードを無効とする。 [FW] 初期リポジトリ なし
SPC1313601 エクスポートジョブの内部実装を変更。ファイル名変更処理にjava.nio.files.Files.moveメソッドを用い、失敗時の原因がわかるエラーログ出力を行うようにする。 [FW] ExportJob,ExportTask なし
SPC1314401 運用中のデータアクセス時に発生するSecurityExceptionの扱いを整理する。これまではログレベルが警告とエラーが混在していたが、ログレベル警告に統一し、スタックトレースはデバッグレベルで表示する。 [G] ヘルパ
プロセスビーン
なし
SPC1315501 モデル参照(チェックボックス)項目の選択方法を「検索画面」とした場合の検索ボタンの位置を変更。チェックボックスの下に表示するようにする。(これまではチェックボックスと検索ボタンが横並びで表示されていた。) [G] ヘルパ
プロセスビーン
なし
Noの先頭3文字は次の意味です。"ENH" 新機能・改善。"REG" デグレード。"FIX" 不具合修正。"SPC" 仕様変更。"LIB" 同梱するライブラリ・データのバージョンアップ。"SEC" セキュリティ対策。
変更箇所のプレフィックス文字は次の意味です。[FW] フレームワーク、[G] 自動生成されるコード。

Wagby Designer

No 内容
ENH1297101 Designerからwagbyappの起動と停止を行う処理の見直し。これまではバッチファイルを実行していたが、ソケット通信方式に変更し、shutdownポートへの直接通信を行うようにする。
ENH0875707 モダンカレンダビュー利用時、終日フラグの項目の型が不正(リスト、ラジオ、チェックボックスでない)場合、ビルド処理でチェックするようにする。
ENH1312501 モデルID変更時、スクリプトの内容をチェックし(修正後のモデルIDへ)変更する機能の強化。'モデルクラス名'+Meta表記と、文字列リテラル内のモデルクラス名も変更対象とする。これによって例えばスクリプト中にJava.type('jp.jasminesoft.wagby.model.MODEL1.MODEL1Meta');という表記があったとき、モデルIDをMODEL2に変更すると、スクリプトもJava.type('jp.jasminesoft.wagby.model.MODEL2.MODEL2Meta');に変更される。
ENH1313201 ユーザ定義処理の独自ボタン設定の追加パラメータ設定で、項目名の存在チェックを行う。スペルミスなどを事前に検出できるようになる。
ENH1306401 参照連動の連動元項目に、モデル参照(チェックボックス)を指定することはできないため、エラーチェックを行うようにする。
ENH1316401 モデル参照で表示優先度項目(rolepriority)や無効判定項目(rolevalid)で指定した参照先項目が存在しない場合、エラーではなく無視するようにし、ビルド処理を継続させる。
ENH1306601 項目の影響分析把握で、自モデルのカレンダビュー、集計ビュー、マップビューに使われている項目かどうかも表示する。
* FIX1291401 項目名に長い文字列を設定するとWagbyDesignerのモデル項目詳細定義ダイアログが全て表示されなくなる。
* FIX1293101 リッチテキストエリアのサイズ設定欄を幅と高さの順に変更する。動作に影響ない。他の設定欄と整合性をとるため。
* FIX1292901 モデルIDに "Service" という単語が含まれるリポジトリのフルビルドで java.lang.IllegalArgumentException: directories not supported が生じることがある。
* FIX1293801 「詳細>リンク表示に利用する項目名」が一覧表示に含まれていない場合、実行時エラーとなる。ビルド時にチェックするようにする。
FIX1290301 レイアウト専用項目を一覧表示に指定するとビルドエラーになるため、この設定は無視するようにする。
FIX1293701 繰り返しコンテナの、項目IDを大文字と小文字と変換しても警告が出ない。そのままビルドを行うとエラーとなる。
FIX1289701 許容文字種の日付型を複数指定するとエラーとなっていたが、これを警告にして処理を続行させる。
FIX1296001 項目の型が「他モデル参照(検索画面)」の場合に「入力制御」の「クリアボタンを作成する」設定が表示されない。
FIX1297301 繰り返しコンテナ参照連動設定時は追加、削除、挿入ボタンが非表示になる仕様だが、この判定処理をビルド処理のメッセージに残すようにする。
FIX1299101 モデル参照型のモデル項目IDと、参照先モデルIDが同じのときコンディションモデルヘルパのs2p,p2sメソッドでビルドエラーとなる。
FIX1299601 自動採番主キーの設定を解除しても、その項目が新規登録画面で入力不可となってしまう。主キーの設定を解除したとき、順序の自動設定も同時に無効化する必要があった。
FIX1305101 「入力制御>繰り返し>コンテナ内に横スクロールバーを表示する」を「入力制御>繰り返し>コンテナ内にスクロールバーを表示する」に変える。横、限定ではなく縦と横のいずれでもこの設定が有効であるため。
FIX1310401 モデル項目の「説明」タブに用意されていた「日付・時刻・郵便番号型」を「日付・時刻型」へ変える。R8.1.0より、郵便番号型のヘルプメッセージは使われていないため。
FIX1312101 絞り込み設定で固定値の値と、絞り込み対象の項目の型が不整合の場合、誤ったコードが生成されビルドエラーとなる。
FIX1312601 スマートフォン利用モデルでカレンダビューを有効にすると、Designerがエラーと判定する(がビルドできる)。
FIX1313701 モデルの主キーの項目IDを変更したとき、この項目を外部キーとして使っている他モデルの外部キー設定も同時に変更されるようにする。(これまでは手動で外部キーを変更する必要があった。)
FIX1317201 メニューの並び順を変更後に当該モデルで項目の新規追加等を行なうとメニューの並び順が元に戻る。
FIX1317301 主キーの型を変更した時、枝番設定があれば自動的に解除するようにする。

移行ツール

No 内容
REG1315301 リポジトリを移行したとき、元リポジトリで行なっていたラベル名の折り返し設定が解除されている。R9.1.1で修正したSPC1289201「出力制御>詳細画面>ラベルの表示を折り返さない」の標準設定を "無効" (折り返す) にする」の影響。移行ツールの修正を行う。R9.1.1より前のリポジトリを、あらためてR9.1.2へ移行するとこの設定が引き継がれた状態で移行される。R9.1.1へ移行したリポジトリをR9.1.2へ読み込んでも、この設定は解除されたままとなっていることに注意。
FIX1302201 R6定義ファイルからR9リポジトリへの移行ツールで次の点を修正。
  • 旧マスタモデルはストアモデルに変換されるが、マスタモデルの内容部を用いた式があった場合、TOINT関数で囲った値を利用するようにしていた。しかしこの項目がチェックボックスまたはCHECKEDやSELECTED関数の引数であった場合は、TOINT関数で囲むとビルドエラーになるため、この場合は囲わないようにする。
  • 旧マスタモデルの内容部を条件付き権限管理の式として使った場合、TOINT関数で囲む処理が行われていなかった。
  • 式の記法について、R6の旧書式はR7以降で採用された新書式に変換するが、移行ツールのログでこの変換記録はこれまで warn レベルのメッセージで出力されていた。これを debug レベルに変更する。処理内容に変更はない。
  • R6では帳票テンプレートのファイル名に式を記述できたがR7以降は式が利用できない。その変換処理で、R6定義の式に余分な空白が付与されていた場合、変換後のファイル名に空白がついていた。これを除くようにする。
FIX1307901 R7からR8,R9への移行時、独自ボタン「画面名」が"帳票画面"が移行されていなかった。

同梱するライブラリ

No 内容
LIB1317401 Apache Tomcat を 9.0.62 から 9.0.65 にバージョンアップする。"Apache Tomcat EncryptInterceptor DoS" (CVE-2022-29885) 対策その他を含む。
LIB1302004 Thymeleaf を 3.0.11 から 3.0.15 にバージョンアップする。
LIB0786253 令和4年6月30日更新分の郵便番号データ(アイビス版)を含める。

パッチ (2022.8.18)

2022.7.26に公開した R9.1.2 へのパッチファイルを公開しました。

適用方法

WagbyPatch_R9.1.2_20220818.zip
パッチファイルをダウンロード後、展開すると wagbydesigner フォルダと version.txt が用意されます。両方とも、R9.1.2 の wagbydesigner に「上書き(コピー)」を行なってください。

パッチが適用されたかどうかの確認方法

Designerのビルドタブのバージョン日付が "Wagby R9.1.2(Patch1) 20220818-0840" と表示されます。

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
REG1314805 ビルド処理で、参照連動項目の参照先モデルの日付フォーマットを取得時に実行時エラーが生じることがある。R9.1.2で対応した「参照連動項目で、自モデルの指定した日付フォーマットではなく、参照先モデルの日付フォーマットが用いられている」の修正の影響。 - なし
REG1322401 一覧表示画面を持たないモデルを外部キー指定すると親モデルの詳細画面で "No bean named 'XXXCriteriaConverter' available" エラーが発生する。R9.1.2で対応したREG13162「親子モデルの詳細画面で、"親キー以外の値を用いて子モデル一覧表示を行う" 機能が動作しない」の対応漏れ。 [FW] ForeignKeyCriteriaConverter なし
FIX1319001 世代管理で、外部キー子モデル部は世代管理の対象にしない仕様だが、モデルIDにアンダースコアが含まれていると除外ルールが適用されない。 - なし
FIX1319501 世代管理で、世代管理対象モデルに権限(プリンシパル)設定すると、権限を保持しているアカウントでも世代管理部分が閲覧できない。 - なし
FIX1319201 繰り返しコンテナ内項目に条件付き権限管理を設定したとき、p2sメソッド内の判定は常に先頭のコンテナ行の値が使われていた。 [G] ヘルパクラス p2s メソッド なし
FIX1319301 ウィザード画面かつ別ウィザードに入力不可制御項目があったとき、値が入力されているにもかかわらず必須エラーになるパターン。 [G] ヘルパクラス InputCheck なし
FIX1319901 帳票出力後のスクリプトを設定した時、スクリプトエラー時に余分なスタックトレースがコンソールに表示される。 [FW] XXController なし
FIX1320601 一覧更新グリッドで数値項目に0を入力して保存すると空で更新される。 [FW] Grid.js なし
FIX1321101 繰り返しコンテナ内の他モデル参照項目のクリアボタンが入力不可制御の対象とならない。 [G] html,jsp なし
FIX1321801 CSVアップロード更新で、実行時エラー(sessionスコープのbeanが取得できない)が生じることがある。 [G] applicationContext.xml
コントローラクラス
なし
FIX1322301 クラシックカレンダのポートレットで週表示時の開始時刻を0に設定できない。 [FW] CalendarPortlet.js なし
FIX1322901 メニュー画面でCSSのカスタマイズが行なえない。 [FW] My.css なし
FIX1319801 CSSレイアウト利用時、外部キー項目の型が他モデル参照検索画面の場合に詳細表示画面を表示するとエラーが発生する。 [G] html なし
FIX1320001 CSSレイアウト利用時、グループをネストするレイアウト設定を行うと画面が崩れる。 [G] html なし
FIX1320501 CSSレイアウト利用時、一覧表示画面をヘッダ行・列固定にするとページネーションが横並びで表示される。 [G] html なし
FIX1321501 CSSレイアウト利用時、サジェスト項目の参照先モデルが複合主キーの場合にサーバへ送信される主キー値が不正な値となる。 [G] html なし