R9.1.0

最終更新日: 2022年1月20日

このバージョンは開発中です。

正規ライセンス購入者は、最新の R9.1.0 評価版をご入手いただけます。Wagby購入先へお問い合わせください。

機能

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1241001 ファイル項目にアップロードした動画ファイル(mp4など)を詳細画面や更新画面で表示させる際にHTML5のvideoタグで出力する。 [G] html なし
ENH1265201 世代管理の詳細画面から元のモデルの詳細画面へ戻るボタンを用意する。 [G] html なし
ENH1265401 詳細画面に用意された世代一覧表示で、行クリックによる世代詳細画面への遷移を行えるようにする。(これまでは「詳細」ボタンのみで遷移できていた。) [G] html なし
ENH1265701 データベースの標準の型マッピングルールを指定できるようにする。例えばMySQL利用時、8バイト浮動小数点数の型は "double" だが、これを "double(5,3)" と指定すると、プロジェクト全体で double(5,3) が使われるようになる。 [G] ddl なし
* REG1132412 繰り返しコンテナ内の項目に条件付き閲覧権限を設定したとき、二行目以降のデータの閲覧権限判定がなされず、常に先頭行の値で判定される。R9.0.3で対応したREG1132405「ラベル表示不具合」の影響。 [G] <モデルID>PHelper
s2p,p2sメソッド
閲覧権限を設定した繰り返しコンテナの動作確認
* REG1186305 Excel帳票(一覧形式)で画像が表示されない。R9.0.0で対応したENH11863「一覧帳票のメモリ利用率の改善」の影響。 [FW] ListReportGeneratorImpl なし
* REG1258101 スクリプトのヘルパの実行タイミングが「検索」時に利用できる変数で、コンディションモデルの変数 (例 model1_c) が、ストアモデルの変数 (例 model1) に変わっていた。R9.0.3までの方式に戻す。 [FW] CriteriaConverter なし
* REG1258301 モデル項目数が多い場合、<モデルID>PCSVHelper#addParameterMap メソッドがコンパイルエラーになる場合がある。R9.0.4で対応したENH12453「一覧更新画面の数値入力欄に、数値フォーマットが適用される」で生成コードが増えた影響。このコードをフレームワークに移すようにする。 [G] <モデルID>PCSVHelper#addParameterMap なし
REG1269101 AlertMailFromLogジョブが動作していない。R9でLog4j 2系に対応したが、その漏れがあった。 [FW] AlertMailFromLog なし
REG1207203 参照連動自モデル保存項目の参照先が、参照連動の数珠つなぎになっている場合、インポート用のXSLが不正。R9.0.2の修正の影響で参照連動自モデル保存項目が文字列、日付、数値の項目がインポートされない。 [G] WEB-INF/export/conf/importxsl
以下のxsltファイル
参照連動自モデル保存項目のインポート処理
* FIX0694701 集計ビューのグラフ表示で、色の変更に合わせて、凡例の色も同時に変更する。 [FW] jshgraph.js なし
* FIX1256301 CSSレイアウトで、項目の「ラベルと値の表示方法」を縦にしたとき、スタイル(値)が反映されない。 [G] html なし
* FIX1256401 世代管理利用時、繰り返しコンテナ段組みレイアウトを使ったモデルで自動生成時エラーが発生する。 - なし
* FIX1256501 世代管理利用時、世代管理を利用したモデルのサブモデルを作成するとビルドエラーが発生する。 - なし
* FIX1256601 世代管理を利用したモデルが、複合キーモデルを参照しているとビルドエラーになる。 - なし
* FIX1257801 世代管理を設定したモデルで、ユニークキーを設定すると実行時にキー制約エラーとなる。 - なし
* FIX1258001 モデルIDにアンダースコアが含まれると、詳細画面で世代管理が表示されない。 [G] html,jsp なし
* FIX1258501 親子同時更新で子モデルの主キーが編集可能である場合、親モデルのコピー登録時に、子モデルの主キーを編集できない。 [G] jsp,html 親子同時更新画面のコピー登録処理の動作
* FIX1256701 フローイベントスクリプトでフローステータスのデータが参照できない場合がある [FW] JfcworkstateServiceImpl.java なし
* FIX1256801 ワークフロー利用時、新規登録画面表示時に WorkFlowManager クラスの getFlowId メソッドは null を返すべきだが、同じモデルの別のレコードの flowid 値を返す場合があった。 [FW] WorkFlowManager.java なし
* FIX1257201 繰り返しコンテナで行結合した項目が表示されないパターン。 [G] jsp,html なし
* FIX1258201 「検索処理で、データが一件も存在しない場合に新規登録画面へ遷移する設定」を行ったが検索条件が一つも用意されていない場合、ビルドエラーになる。 - なし
* FIX1259701 Enterキーの取り扱いを「タブキー扱い」としたラジオボタン項目が連続する場合にタブの遷移先が次のラジオボタン項目とならない場合がある。 [FW] common.js なし
* FIX1259901 入力チェック(警告)とウィザードと確認画面併用時、警告エラー状態で確認画面へ進み、登録画面へ戻った時、先頭の画面に戻されログに警告が表示される。 [G] Insert/Update Controller なし
* FIX1187812 入力フィルタに「ユーザ定義入力フィルタ」を設定した時、検索条件に適用されない場合がある。 - なし
* FIX1210802 印刷形式で表示機能で、含まれるべきjspが除かれるパターンがある。R9.0.2の対応漏れ。 [G] jsp なし
* FIX1260301 参照連動のチェックボックス利用時、登録・更新画面のチェックボックスの見た目(デザイン)が統一されていない。 [G] jsp,html なし
* FIX1260501 Excel帳票の可変長繰り返しコンテナで画像が出力されないパターン。 [FW] ListReportGeneratorImpl なし
* FIX1261501 ジョブ実行時、同じ内容のログが2行出力される。 [FW] log4j2.xml なし
* FIX1261601 一覧更新画面の入力エラー行が、その後の値変更でエラーが解消されたとき、エラー表示部分に "false" という表記が残っている。 [FW] common.js なし
* FIX1263001 IE11利用時、親子モデル同時更新画面で値を変更すると保存等のボタンが押下不可のままとなる場合がある。 [FW] common.js なし
* FIX1256901 CSSテーマに flat 系を用いたとき、日付時刻型で時刻フォーマットをHH:mmにすると時刻入力欄の値が全て表示されない。 [FW] DateTimeTextBox.js なし
* FIX1257401 CSSレイアウト利用時、横並びレイアウトを構成する一部の項目が更新画面で隠し項目になるとレイアウトが崩れる。 [G] html なし
* FIX1257501 CSSレイアウト利用時、アップロード更新の結果画面で実行時エラーになる。 [FW] status.html なし
* FIX1258901 CSSレイアウト利用時、他モデル参照(リストボックス)項目が読み込み専用で参照先が複合主キーの場合に実行時エラーになる。 [G] html なし
* FIX1260201 CSSレイアウト利用時、一括更新ボタンに表示条件を設定すると実行時エラーになる。 [G] html なし
* FIX1263401 CSSレイアウト利用時、繰り返しコンテナの項目に閲覧権限を設定すると画面表示時にエラーが発生する。 [G] html なし
* FIX1259802 他項目による入力不可制御で入力欄が入力不可になった場合にもクリアボタンが入力不可にならない。(登録、更新、一覧更新画面対応) [G] jsp,html なし
* FIX1255201 OIDC 連携設定を行った状態で、ログオフすると実行時エラーになる。 [G] views.xml なし
* FIX1263201 ウィザード画面とモデル参照必須項目を組み合わせたとき、値が入力されているにもかかわらず必須エラーになるパターン。 [G] <モデルID>PInputCheckHelper なし
* FIX1263301 ウィザードと必須項目を併用時、必須エラー状態でウィザードを遷移するとエラーメッセージが表示されるものの次のウィザード画面に遷移されてしまう。 [G] Insert/Update Controller なし
* FIX1263901 サジェスト項目が入力不可となっている場合に選択されている値が維持されない。 [FW] common.js なし
* FIX1266601 繰り返しコンテナ多段レイアウト設定時、最初の行が末尾に重複表示されるパターン。 [G] jsp 繰り返しコンテナ段組レイアウトの表示確認
* FIX1263801 gethash コマンドが動作しない。Log4j 1系から2系を利用するようになったが、実行時のパス指定が未対応だったため。 [FW] gethash.bat
gethash.sh
なし
* FIX1264801 グループ権限を適用したモデルに世代管理を適用するとビルドエラー。 (自動生成部) なし
* FIX1264901 Javaソースコードカスタマイズ設定を有効にしたモデルに世代管理を適用するとビルドエラー。 (自動生成部) なし
* FIX1264901 Javaソースコードカスタマイズ設定を有効にしたモデルに世代管理を適用するとビルドエラー。 (自動生成部) なし
* FIX1265001 参照連動先がチェックボックスの項目を含んだモデルに世代管理を適用するとビルドエラー。 (自動生成部) なし
* FIX1265101 自動生成部DateFormatManagerGeneratorクラスのsetFormatPatternメソッドが無限ループになる可能性があった。 (自動生成部) なし
* FIX1266001 検索画面の条件部に参照連動項目を用意した時、連動元クリアボタンで参照連動が消えない。 [G] ShowList<モデルID>Controller
do_getxmlメソッド
なし
* FIX1132412 閲覧、更新権限設定での繰り返しコンテナの判定が各行ではなく先頭の行だけで行われていた。 [G] ヘルパクラス s2p, p2s メソッド 閲覧、更新権限を設定した繰り返しコンテナの動作確認
* FIX1267101 ジョブAlertMailFromJobのinterval指定が1つずれて実行される。 [FW] AlterMailFromLogTask interval指定の挙動の確認
* FIX1267401 ジョブによるモデルのキャッシュクリアが失敗する。 [FW] CacheManagerUtil なし
FIX1258501 親子同時更新で子モデルの主キーが編集可能である場合、親モデルのコピー登録時に、子モデルの主キーを編集できない。 [G] jsp なし
FIX1265301 詳細画面では世代管理を表示するが、登録更新前の確認画面では世代管理を非表示にする。 [G] confirm系html なし
FIX1261401 ダウンロード画面でメッセージジョブ機能を使用したとき、グリッド部分にダウンロードジョブの結果が表示されない。 [G] html なし
FIX1264001 繰り返しコンテナ多段レイアウト設定およびラベル指定と列サイズ指定を併用したときに表示崩れが生じるパターン。 [G] jsp 繰り返しコンテナ多段レイアウトの表示確認
FIX1268601 親子関係のある子モデルを世代管理したとき子モデルの主キーと違うキーの世代データも詳細画面で一覧表示される。 [FW] Grid.js なし
FIX1268801 親子モデルで親モデルの主キーが他モデル参照の場合に子モデルの一覧表示をグリッドにすると親モデルの主キーで絞り込まれない。 [FW] Grid.js なし
FIX1268901 親子モデルで子モデルの一覧表示をグリッドにした場合にデータが存在しないときにタイトルを表示しない設定が動作しない。 [G] jsp なし
FIX1269001 リッチテキストエリアでマウスクリックするとフォントサイズが小から極小に変わる。 [FW] Editor.js
[G] jsp
なし
FIX1269201 世代管理を利用したモデルで、権限設定を行った項目を一覧表示画面に適用するとビルドエラーになる。 - なし
FIX1269301 休日モデルをCSVアップロード更新したとき、更新前の休日情報が残っている。 [G] UploadUpdateJholidayProcessBeanRunnable なし
FIX1270001 他モデル参照(検索画面)で参照先の項目がテキストエリアの場合にサブウィンドウ検索画面で値が選択できない。 [G] jsp なし
FIX1271301 複合キーモデルに世代管理を適用すると「(世代管理から元のデータに)戻る」ボタンが効かない [G] jsp なし
FIX1271401 日付と時刻に初期値を設定すると画面表示時に時刻入力欄にフォーカスがセットされてしまう。 [FW] DateTimeTextBox.js なし
FIX1271501 繰り返しコンテナを含むモデルに世代管理を適用したとき、コンテナ部分が最後の行しか世代管理の対象にならない。 [G] ヘルパクラス saveAsGeneration メソッド なし
FIX1271901 選択肢モデルを参照する「チェックボックス(サブウィンドウ)」を用意したとき、そのモデルの一覧表示画面のページネーションが動作しない。 [FW] page_index.tag なし
FIX1272401 参照連動自モデル保存項目で「参照先項目のテーブル定義の型と同じ設定を適用する」が反映されない。 [G] ddl なし
FIX1271601 一覧更新画面でリッチテキストエリア項目がテキストボックスで表示される。 [G] jsp なし
FIX1272301 繰り返しコンテナを独立したレイアウトとしたとき、登録更新の確認画面で二重に表示される。 [G] jsp なし
SPC1133001 新規でモデルを作成したときのレイアウトを「CSSレイアウト」とする。ただし旧バージョンから移行されたモデルは、そのままとする。 - なし
SPC1256201 CSSテーマのデフォルトをflat_navyにする。 [FW] WEB-INF/csslist.xml なし
SPC1240201 MySQL利用時、HibernateのDialectをMySQLDialect から MySQL5InnoDBDialect に変更する。これによって create table 文の最後に ENGINE=InnoDB が付与されるようになる。 [G] ddl なし
SPC1261301 「出力制御>詳細画面>ファイル」「出力制御>一覧画面>ファイル」の画像サイズ設定はファイルの拡張子が jpg、jpeg、png、gif、bmp の場合にのみ適用されるようにする。 [G] html,jsp なし
SPC1264705 ファイル型項目への計算式適用で、<項目名>_jshfilename には式が適用されないのが仕様(SPC12192)だが、FIRST,LAST,SLICE 関数を含む式のみは適用する。用途として繰り返しコンテナ内のファイル型項目の最初や最後の要素を取得することを想定している。 [G] ヘルパクラス calc メソッド なし
SPC1265801 ビルドした wagbyapp のログオン画面の背景画像を変更。ノーコード版Wagbyと同じにする。 [FW] logon_bg.png なし
SPC1268401 AlertMailFromLogジョブのinterval指定の仕様変更。これまではintervalを指定した場合、ジョブ起動時間にかかわらず常に1日(24時間)をinterval間隔で換算していた。そのため分を指定したとき、例えば10m指定では18時0分,10分,20分,..となっていた。この仕様を変更し、ジョブ起動時間を考慮するようにした。例えば18時3分にジョブが起動されたときは18時3分,13分,23分,...のinterval間隔となる。 [FW] AlertMailFromLogTask 同ジョブの動作確認 (interval設定利用時)
SPC1258401 juserのサブモデルを作成したとき、プリンシパル項目は標準で非表示とする。特別な設定を行うことで、詳細画面でのみ表示させることができる。 [G] juserサブモデルのPHelper
SPC1269701 これまでの CLIENTHOSTNAME() 関数を CLIENTHOST() 関数に改名する。これは IP アドレスを返す。あらためて CLIENTHOSTNAME() 関数を用意する。これはホスト名を返す。 [FW] JFCUtils
Noの先頭3文字は次の意味です。"ENH" 新機能・改善。"REG" デグレード。"FIX" 不具合修正。"SPC" 仕様変更。"LIB" 同梱するライブラリ・データのバージョンアップ。"SEC" セキュリティ対策。
変更箇所のプレフィックス文字は次の意味です。[FW] フレームワーク、[G] 自動生成されるコード。

Wagby Designer

No 内容
ENH1048501 Clear-Site-Dataヘッダに "cache" を指定する。Dojo のフォルダ下の CSS ファイルがキャッシュされず、ログオン時に毎回、読み込まれるようになる。Wagbyバージョンアップで古い CSS ファイルを読み込むことを防止する。
ENH1217401 モデルの「その他>概要」が設定されている場合にモデルID設定欄の右隣に情報表示のアイコンを表示する。アイコンにマウスオーバーするとツールチップに概要と説明が表示される。
ENH1189701 「トランザクション制御時のスクリプト」と「実行タイミング」の表示位置を見直す。
* FIX1257301 customize.YYYYMMDD_hhmmssルール以外のcustomizeバックアップフォルダをユーザが作成したとき、バックアップファイルにそれが含まれ、肥大化する。
FIX1260001 初期値に「文字列(ランダム)」を用いる場合は桁数を指定する必要があるが、エラーメッセージがわかりにくかったため修正する。
FIX1270301 モデル定義変更時、このモデルに紐づく世代管理モデルも差分ビルドの対象にする。
FIX1263701 モデル項目詳細定義一括設定ダイアログで「入力制御>モデル参照(絞込)」の「項目名または固定値」設定を選択できるようにする。
SPC1268201 システムモデルでは「環境>権限」で設定されている、すべてのプリンシパルをモデルの権限タブのプリンシパルの選択肢として選べるようにする。

初期リポジトリ

No 内容
SPC1254901 ビルドするWagbyアプリケーションのサーバポート番号の標準値 8005 とリダイレクトポート番号の標準値 8443 をそれぞれ 18005, 18443 に変える。他のTomcatアプリケーションと競合させないようにする。
SPC1180201 管理処理メニューから「ライセンスキーファイル認証」を除く。R9では利用しない。あわせてシステム系テーブルから jfclicenceholder も除く。

同梱するライブラリ

No 内容
LIB1268701 Log4j を 2.13.3 から 2.17.1 にバージョンアップする。脆弱性 CVE-2021-44228, CVE-2021-45046, CVE-2021-45105, CVE-2021-44832 への対応。

その他

No 内容
DOC1257001 Windows版インストーラから実行したときのライセンス契約書の製品名表記を "Wagby Enterprise Edition" に統一する。