R9.2.0

最終更新日: 2023年3月22日

機能

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1349001 Java 17 に対応する。同時に Java 8/9/10 はサポート対象外とする。[影響について...] [FW] 各種ライブラリのバージョンアップ(詳細は「同梱するライブラリ」を参照) Java 17 以降で動作させる場合、全体の動作確認
ENH1301801 ガントチャート表示 [FW] Google Charts ライブラリ 組み込み なし
ENH1328801 タイムライン表示 [FW] Dojotoolkit
GCTimeline 組み込み
なし
ENH1315401 複合キー対応の強化。自モデルマッピング機能を提供する。 [G] モデルのJavaファイルすべて なし
ENH1338501 検索画面の項目で「値変更時に画面を再描画する」設定を切り換えられるようにする。 [G] html/jsp なし
ENH1311401 モダンカレンダビューで時刻や終了日時を空白にしたままで「終日」をチェックすると日時を自動セットする。 [FW] common.js なし
ENH1342701 モダンカレンダビューに「検索画面へ」遷移するボタンを追加する。 [G] モダンカレンダーの検索条件表示部 なし
ENH1317701 リッチテキストエリアの幅と高さの設定を、親子一覧更新にも適用させる。 [G] jsp/html なし
ENH1291701 PDFファイルの埋め込み表示機能を提供する。 [G] jsp/html なし
ENH1301101 ボタンクリックによるメール送信(登録時・更新時・詳細表示)時に確認ダイアログを表示できるようにする。 [G] jsp/html なし
ENH1322501 ヘルパのスクリプト「コピー」のタイミングを用意する。コピー登録画面を開くタイミングで呼び出される。 [G] Copy<モデルID>Controller なし
ENH1349101 ヘルパのスクリプト「アップロード更新(1件処理後)」のタイミングを用意する。 [FW] AbstractDbUploadUpdateRunnableMonitor2 なし
ENH1340701 登録更新画面と検索画面でラジオボタン・チェックボックスの折り返し数をそれぞれ指定できるようにする。[移行時の注意点...] [G] html なし
ENH1324101 ジョブの開始前と終了後にスクリプトを実行できるようにする。 [FW] JFCBaseJobBean なし
ENH1272701 Wagbyアプリケーション起動時に一度だけ呼び出されるスクリプト(ジョブ)を用意する。 [G] WagbyApplication なし
ENH1349301 ログオン、ログオフ処理のタイミングでスクリプトを実行できるようにする。 [FW] LogonService
User
なし
ENH1320104 関数 URLENCODE を提供する。 [FW] ExcelFunction なし
ENH1320106 関数 WEBAPI を提供する。 [FW] ExcelFunction なし
ENH1281601 ワークフローの申請状況で、これまではjuserモデルのuseridを表示していた。これをnameを表示するようにする。 [FW] ShowWorkFlowStatusController なし
ENH1331101 "親キー以外の値を用いて子モデル一覧表示を行う" 機能を無効化できるようにする。 なし
ENH1342804 システムログ閲覧画面で、ログの日時部分をクリックするとTomcatコンソールに出力されているエラーメッセージ (system.log) を直接、閲覧できるようにする。 [FW] ShowListLogController
SystemlogManager
なし
ENH1342804 アプリケーションの実行時エラーで「内部エラーが発生しました」というエラー画面が表示されるが、この画面からTomcatコンソールに出力されているエラーメッセージを直接、閲覧できるようにする。 [FW] error.jsp なし
ENH1334901 マイグレート処理 (migrate_db) でインデックスの削除、作成が行われるようにする。 [FW] MigrateInitdb
XML2DBLoader
なし
FIX1305801 CSSレイアウト利用時、チェックボックス項目にセンタリングの設定を行なっても表示位置がずれる。(この修正は影響範囲が大きいためR9.1.xまでのWagbyには含まれない) [G] html チェックボックス項目を含む画面のレイアウト確認
FIX1308403 CSSレイアウト利用時、ファイル型で値変更時に画面再描画が行われていない。(この修正は影響範囲が大きいためR9.1.xまでのWagbyには含まれない) [G] html ファイル型項目の画面再描画設定の動作確認
FIX1332201 CSSレイアウト利用時、ラベルの位置を縦としたときの表示崩れが発生していた。(この修正は影響範囲が大きいためR9.1.xまでのWagbyには含まれない) [G] html 画面レイアウトの確認
FIX1352601 CSSレイアウト利用時、検索画面で繰り返しコンテナ項目の値部に背景色が設定されない。 [G] html なし
SEC1349501 https が有効な場合、https通信をブラウザに強制するため、レスポンスに Strict-Transport-Security ヘッダが出力されるようにする。この動作を変更できるようにする。 [FW] SecurityConfiguration なし
SEC1349601 レスポンスに Referrer-Policy ヘッダを含める。゙標準は外部サイトに Referrer を提供しない "same-origin" とする。この動作を変更できるようにする。 [FW] SecurityConfiguration なし
SEC1031301 レスポンスに Content-Security-Policy ヘッダを含むことができるオプションを用意する。゙標準では出力しない。この動作を変更できるようにする。 [FW] SecurityConfiguration なし
SEC1333001 CSRF対策として、Referrer のドメイン名部分をチェックする機能を提供する。 [FW] CheckReferrerInterceptor
WebMvcConfiguration
なし
SPC1351801 フレームワークをJava11でコンパイルする。これまではJava 8でコンパイルしていたが、R9.2よりJava11以上を対象とするため。 [FW] すべてのクラスファイル Java 11 以降での動作確認
SPC1299001 繰り返しコンテナの項目ソートのアイコンを変更する。 [G] html/jsp なし
SPC1282201 拡張検索機能での文字列検索ルールを見直す。 [FW] CriteriaUtils なし
SPC1288706 commons-lang 利用部分をすべて commons-lang3 に変更する。[移行時の注意] [G] 生成コードすべて なし
SPC1341001 ブラウザの差異を吸収する仕組み css-dependency.properties を廃止する。[移行時の注意] [FW] BaseController なし
SPC1300001 ワークフロー設定ファイル flowPattern_template.vm を Velocity 2 系に対応する。[移行時の注意] [FW] flowPattern_template.vm なし
SPC1351101 Tomcat起動時のcompressableMimeTypeの警告メッセージを出力しないようにする。 [FW] server.xml なし
SPC1265501 ehcache がログに [WARN net.sf.ehcache.pool.sizeof.ObjectGraphWalker checkMaxDepth] を出すことを抑制する。 R9.2.1で行う [FW] ContainerBase なし
SPC1340101 日付時刻関数系の引数の扱いの見直し。引数にnullを与えたとき「型のあいまいさ」で実行時エラーとなることを防ぐ。 [FW] ExcelFunction
jfc.tld
なし
SPC1352401 モデルを指定したインポートで、そのモデルが全文検索を使っていなければ、インポート後のインデックス再作成と最適化処理を行わないようにする。 [FW] MakeTextIndex
[G] InitLoader
なし
Noの先頭3文字は次の意味です。"ENH" 新機能・改善。"REG" デグレード。"FIX" 不具合修正。"SPC" 仕様変更。"LIB" 同梱するライブラリ・データのバージョンアップ。"SEC" セキュリティ対策。
変更箇所のプレフィックス文字は次の意味です。[FW] フレームワーク、[G] 自動生成されるコード。

過去の不具合修正は R9.1.4 公式パッチ1 (2023.1.31版) までがすべて含まれています。

Wagby Designer

No 内容
ENH1337201 Designerレイアウトエディタでグループ横並びにpx指定を行えるようにする。
ENH1319401 Tomcatのパラメータ maxHttpHeaderSize, maxParameterCount, maxPostSize を Designer で設定できるようにする。
ENH1341701 レイアウトを初期化する機能を用意する。同時に、レイアウトを設定しているがレイアウト定義がない場合、古い設定が残っているとみなし、そのレイアウト定義を自動的に除くようにする。
ENH1278901 運用>リポジトリ>バックアップリストをチェックボックスで選択できるUIに変更する。
ENH1312901 差分ビルドの改善。これまで、次のファイルはモデルを削除したとき、差分ビルドで削除できなかった。この対応を行う。
  • CSSレイアウト利用時に生成されるhtmlファイル。
  • 初期データ (export/data/init) に含まれる jfcmodel フォルダ内のモデル名を示すxmlファイル。
  • Hibernate マッピングファイル (.hbm)
FIX1351401 ワークフロー適用モデルがない状態でワークフローを利用するモデルを作成し、直後に差分ビルドすると当該モデルのワークフロー申請処理でエラーが発生する。
SPC1349002 「環境>サーバ>ビルド>Javaのバージョン」の標準値を "11" とする。この欄に "1.8", "9", "10" を入力するとエラーとする。
SPC1349008 Java 8 で Designer を起動できないような制御を含める。Windows OS 環境では警告ダイアログが表示される。
SPC1303501 設定欄で「幅・高さ」の表示順の整合性をとるようにする。変更した設定欄は次の通り。
  • 環境>カスタマイズ>検索画面(サブウィンドウ)のサイズ
  • モデル定義>画面>検索一覧>検索画面>検索画面(サブウィンドウ)のサイズ
  • モデル定義>画面>検索一覧>一覧表示画面>詳細画面(サブウィンドウ)のサイズ
  • モデル定義>画面>ビュー>グラフ出力機能(10個分)
  • モデル定義>画面>マップビュー>マップのサイズ
  • 入力制御>繰り返し>コンテナのサイズ
  • 入力制御>バーコード>カメラ画像サイズ
  • 検索制御>バーコード>カメラ画像サイズ
LIB1283701 同梱する Spring 関連のライブラリを(後述する)LIB13020に合わせる。Spring boot も R9.1 系まで 1.5 系を使っていたが、これもビルドするアプリケーションにあわせて 2.6.3 となった。

初期リポジトリ

No 内容
ENH1349002 「環境>サーバ>ビルド>Javaのバージョン」の初期値を "11" とする。

移行ツール

No 内容
ENH1349004 「環境>サーバ>ビルド>Javaのバージョン」の値が "1.8", "9", "10" の場合、これを "11" に書き換えて移行する。

同梱するライブラリ

No 内容
LIB1171601 Hibernate を 5.1 系から 5.6.5 Final にバージョンアップする。[影響について...]
LIB1302005 Spring framework を 5.2 系から 5.3.20 にバージョンアップする。[補足...]
LIB1281901 Spring boot を 2.2 系から 2.6.3 にバージョンアップする。
LIB1351301 Spring security を 5.2 系から 5.8.1 にバージョンアップする。
LIB1281901 Spring batch を 2.12 系から 2.13.1 にバージョンアップする。
LIB1302004 Thymeleaf を 3.0.11 から 3.0.15 にバージョンアップする。
LIB1288703 Apache Ant を 1.9.14 から 1.10.12 にバージョンアップする。
LIB1313001 Apache Tika を 2.2.1 から 2.4.1 にバージョンアップする。
LIB1288703 Apache POI を 4.1.2 から 5.2.2 にバージョンアップする。
LIB1288703 Apache Commons Lang を 3.3.10 から 3.12.0 にバージョンアップする。また commons-lang.jar は同梱しない。
LIB1324706 Apache Commons Text を 1.8 から 1.10 にバージョンアップする。
LIB1288703 Quartz を 2.3.1 から 2.3.2 にバージョンアップする。
LIB1288703 ActiveMQ を 5.15.13 から 5.16.4 にバージョンアップする。
LIB1324702 xercesImpl を 2.11.0 から 2.12.2 にバージョンアップする。
LIB1324705 jackson を 2.13.2 から 2.14.0 にバージョンアップする。
LIB1288703 Velocity を 1.7 から 2.3 にバージョンアップする。
LIB1351301 OIDC 連携のための nimbus を 7.8.1 から 9.24.4 にバージョンアップする。
LIB1288801 commons-httpclient は開発が終了しているため、同梱しない。代わりに Apache HttpClient 5.1.3 を同梱する。[影響について...]
LIB0786255 令和4年12月28日更新分の郵便番号データ(アイビス版)を含める。

パッチ (2023.2.20)

2023.1.31に公開した R9.2.0 へのパッチファイルです。

適用方法

WagbyPatch_R9.2.0_20230220.zip
パッチファイルをダウンロード後、展開すると wagbydesigner フォルダと version.txt が用意されます。両方とも、R9.2.0 の wagbydesigner に「上書き(コピー)」を行なってください。

パッチが適用されたかどうかの確認方法

Designerのビルドタブのバージョン日付が "Wagby R9.2.0(Patch1) 20230220-0901" と表示されます。

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
ENH1332006 CSSレイアウトのページ生成アルゴリ済み見直し。複雑なレイアウト設定で画面が崩れるパターンがあったため、全体的に処理を見直す。 [G] html 既存のCSSレイアウト利用ページのレイアウト崩れが生じないことを確認
REG1352801 システムモデル「メールテンプレート」更新画面を開くと、パスワードが空白となっているため、再入力が必要となっていた。R9でシステムモデルをCSSレイアウトに変えた影響。 [FW] common.js
[G] html/jsp
なし
REG1355301 親子モデル同時更新画面で他モデル参照(検索画面)項目の値が文字化けする。R9.1.4で対応したSEC13494「日付、数値、サジェスト項目のXSS脆弱性対応」の影響。 [G] html なし
REG1356301 他モデル参照検索画面項目の参照先モデルの一覧表示がグリッドの場合、サブウィンドウで値が選択できない。サブウィンドウはグリッドではなくHTMLテーブル表示とすべきであるが、そうなっていなかった。 [G] html なし
REG1355501 パスワード変更画面を開くことができない。内部エラーが生じていた。 [G] html なし
REG1340101 HTMLレイアウト利用時、日付型(リストボックス)を使った画面が描画できない。R9.2.0で対応したSPC13401「日付時刻関数系の引数の扱いの見直し」の影響。 [FW] ExcelFunction
jfc.tld
なし
FIX1353301 チェックボックス項目の「入力制御>スタイル」で「入力欄を囲う領域」に設定を行なうと入力欄にもスタイルが適用される。 [FW] flat.css
[G] html/jsp
なし
FIX1355701 繰り返しコンテナ項目に「検索制御 > スタイル > 値のスタイル」の指定を適用し、かつ式を含めた時、スタイルが適用されない。 [FW] JFCReflactionBased
ControlUtilBase
なし
FIX1353101 カレンダビューを設定したモデルで、日付型の検索条件を範囲検索にしない、と設定するとビルドエラーになる。 [G] <モデルID>ServiceImpl なし
FIX1353501 2023年の春分の日(3/21)がカレンダビューの休日として表示されない。(設定漏れ) [FW] JapanHolidays.ics なし
FIX1356501 スケジュールジョブ実行時に、maintenanceOption : logoutを指定したときに、例外が発生する。 [FW] JFCBaseJobBean
JFCAppModeManager
なし
FIX1354101 CSSレイアウト利用時、詳細表示画面を作成しない設定の場合、当該モデルのサブウィンドウ検索画面で値が選択できなくなる。 [G] html なし
FIX1356201 CSSレイアウト利用時、アップロード更新画面で処理ファイルやエラーファイルのダウンロードのリンクが表示されない。 [G] html なし
SPC1355801 Excel帳票のバーコード印刷で、sxとsyの指定を省略した場合、それぞれ "1.0" と扱うようにする。 [FW] POIReportGenerator Excel帳票のバーコード画像のサイズ。この影響によりサイズが変わった場合、適切に sx, sy を指定する。

パッチ (2023.3.22)

2023.1.31に公開した R9.2.0 への第二回パッチファイルです。第一回のパッチの内容をすべて含み、さらに次の修正が含まれています。

適用方法

WagbyPatch_R9.2.0_20230322.zip
パッチファイルをダウンロード後、展開すると wagbydesigner フォルダと version.txt が用意されます。両方とも、R9.2.0 の wagbydesigner に「上書き(コピー)」を行なってください。

パッチが適用されたかどうかの確認方法

Designerのビルドタブのバージョン日付が "Wagby R9.2.0(Patch2) 20230322-0930" と表示されます。

No 内容 変更箇所 再テストの必要性
REG1360201 スクリプトで load 関数を利用すると実行時にエラーになる。 [FW] systemScripts/wagby.js なし
REG1361501 Java カスタマイズで、Eclipseからの起動に失敗する。R9.1.4で対応したSEC13326「不要なファイルの削除」でtomcat-users.xmlを消した影響。セキュリティに配慮し、空のファイルを登録するようにする。 [FW] tomcat-users.xml なし
FIX1359801 タブの表示条件を設定した場合にタブが再表示される場合にタブの表示位置が維持されない場合がある。 [FW] TabManager.js なし
FIX1360801 サブデータベースを利用しているモデルで詳細表示画面を開くと実行時エラーになる。 [G] EntityService なし
FIX1360901 ウィザード利用時、登録更新処理の途中で別モデルのサブウィンドウ検索画面を経由するとWIZARDPAGE関数の値が誤りになる。 [FW] DbBaseController なし
FIX1362801 登録・更新の確認画面でメールアドレス項目のリンクを押下すると入力内容破棄の確認ダイアログが表示される。 [G] endbody_linkConfirmDestruction.html なし
FIX1361801 外部キー子モデルの最大表示件数を設定すると最大数を超える子を持つ親の詳細画面でエラーになる。 [FW] CriteriaConverter
ForeignKeyCriteriaConverter
なし
FIX1361701 CSSレイアウト利用時、日付の範囲検索項目に「未入力値を検索する」設定を行なうと検索画面の表示が崩れる。 [G] html なし
FIX1362901 CSSレイアウト利用時、数値項目が読み込み専用となった場合に数値フォーマットが適用されない。 [G] html なし