隠し項目(詳細画面)最終更新日: 2021年8月25日

利用できる型とUI

隠し項目の設定が利用できるパターンは次の通りです。

属性 標準UI スマートフォンUI SPA UI
文字列 -
郵便番号
メールアドレス
URL
ファイル名
テキストエリア
数値 整数
小数
日付・時刻 日付
時刻
日付時刻
他モデルの項目参照 リストボックス
ラジオボタン
チェックボックス
検索画面
ルックアップ

動作例

標準UI

「顧客」モデルの「顧客コード」を隠し項目に設定した例です。
一覧画面では表示されますが、詳細画面に遷移すると顧客コードが非表示となっています。

一覧画面では商品コードが表示される
詳細画面では商品コードが非表示

スマートフォン UI

「顧客」モデルの「ID」を隠し項目とした例です。
一覧画面では表示されますが、詳細画面に遷移するとIDが非表示となっています。

詳細画面では商品コードが非表示

SPA UI

「商品」モデルの「商品コード」を隠し項目に設定した例です。
一覧画面では表示されますが、詳細画面に遷移すると商品コードが非表示となっています。

一覧画面では商品コードが表示される
詳細画面では商品コードが非表示

設定方法

「出力制御>詳細画面」タブに用意された「共通」の「隠し項目」を有効にします。

隠し項目の設定