表示の折り返し最終更新日: 2021年8月19日

利用できる型とUI

利用できるパターンは次の通りです。

属性 標準UI スマートフォンUI SPA UI
文字列 -
郵便番号
メールアドレス
URL
ファイル名
テキストエリア
数値 整数
小数
日付・時刻 日付
時刻
日付時刻
他モデルの項目参照 リストボックス
ラジオボタン
チェックボックス
検索画面
ルックアップ

動作例

標準UI

項目名がラベルの幅より長くなる場合に折り返します。

ラベルの折り返しが有効な状態

スマートフォン UI

スマートフォンUIでは標準で折り返しが有効になっており、折り返さない設定にしても無視されます。

SPA UI

折り返しの設定は無視されます。

ラベル部の設定方法

詳細画面

「出力制御>詳細画面」タブに用意された「スタイル」の「ラベルの表示を折り返さない」を指定します。

標準では「ラベルの表示を折り返さない」が有効で、「値の表示を折り返さない」が無効(=折り返す)です。

折り返しの設定(詳細画面)

ワンポイント

「詳細画面」タブで行った設定は登録、更新画面にも反映されます。

一覧画面

「出力制御>一覧画面」タブに用意された「スタイル」の「ラベルの表示を折り返さない」を指定します。

折り返しの設定(一覧画面)

値部の設定方法

値の表示を折り返したくない場合、値部に関するCSSスタイルを次のように設定してください。

white-space: nowrap;

折り返されない場合の対応方法

折り返し処理は単語のスペース区切り部での改行を行うようになっています。そのためスペースがない長い文字列を途中で折り返すことはありません。

このようなデータが登録される場合は、対象項目の詳細画面および一覧画面の「スタイルの指定」設定に次のCSSを指定してください。

word-break: break-all